法律用語 留保とは何か

現在多くの方が法関連業界への就職を目指しています。そこには弁護士や裁判官など様々な職種の方が働いていますが、特に弁護士や裁判官は、司法試験に代表される超難関の試験をくぐり抜けて初めてこの業界に入ることができます。このようにこの業界が狭き門である理由はいくつかあります。・人間の人生を左右するような非常に重要な業務であること・膨大な知識と経験が必要な業界であることこれらの理由で非常にハードルの高い業界となっています。特に専門的な知識については、ものすごい量の勉強と絶え間ない努力をすることで得られるものであり、簡単に身につけられるようなものではありません。たとえば、法律には「留保」という言葉があります。これは法律を少し知っている方でも理解の難しい言葉であり、留保というのは”法律が人権を制限することのできる権限を有していること”を意味します。現代の日本国憲法はこの留保は存在しませんが、明治時代に作られた大日本国帝国憲法ではこれを有しており、実際に人権が制限されるということが起きていました。これはあくまで一例にすぎませんが、弁護士などを目指す方はこのような知識を日々勉強して身につけていく必要があります。

Copyright© 法律 留保 All Rights Reserved.