従業員の募集、採用で気を付けたいこと

ここ最近の好景気により、各企業とも業績が上向いてきたのと同時に、人手不足の問題が生じてきました。そのため、各企業は積極的にハローワークに求人票を出すなど。採用活動を活発化させておりますが、採用活動を行うにあたっては気を付けなければならない点があります。第一は求人票に記載する労働条件に虚偽記載をしないことです。求人票記載の労働条件はあくまで目安であり、正しい労働条件は内定後、契約を締結する時に提示されるものになりますが、そこで条件的にあまりに違い過ぎた場合、内定の辞退にもつながりかねません。第二はいったん採用内定を出した場合、簡単に取り消しができないということです。法律上、採用内定の取り消しに関する規制はありませんが、判例上、採用内定の時点においても就労始期付解約権留保付の労働契約が成立している為、取り消しにあたっては取り消しについての客観的合理性と社会通念上の相当性が求められる、となっているため、安易な内定取り消しは訴訟のリスクを伴います。そのため、採用後は経歴詐称でも無い限りは必ず就労させなければいけません。これらのことに気を付けて採用活動を行うことが必要です。

ライジングブルについて

名古屋にある人気専門塾

株式会社ヤマダ電機について

アリックスについて

自由が丘で家族で七五三撮影

サンプルイメージ1

法律の留保のことについて

法律の留保という言葉を聞いたことがある人はいったいどれくらいいるのでしょうか。たぶん普通に暮らしてい

サンプルイメージ2

法律用語 留保とは何か

現在多くの方が法関連業界への就職を目指しています。そこには弁護士や裁判官など様々な職種の方が働いてい

正社員を雇う際の注意点について

最近は好景気の影響もあって、どの企業も業績を伸ばしている一方、深刻とも言える人員不足に陥っている企業

Copyright© 法律 留保 All Rights Reserved.