法律の留保のことについて

法律の留保という言葉を聞いたことがある人はいったいどれくらいいるのでしょうか。たぶん普通に暮らしているだけではほとんど耳なじみのない言葉だと思われます。どこかで聞いたことがあるという人でもその正しい意味を知っているという人は本当にごくわずかであるのではないでしょうか。法律の留保とは簡単に言えば法に関する用語の一種です。この言葉を世界ではじめて使ったのはドイツ人です。ドイツ人のオットー・マイヤーという人が自分で作り出した概念です。オットー・マイヤーは法を専門とする学者であり法のことについてとても熱心に研究をした学者です。そんな彼が考え出したこの法律の留保という考え方は現在でも広い意味において使われています。特にこの考え方が問題となるのが法を行使する場合です。この考え方が大切にされるのにも理由があります。それは人々がしっかりとしたルールに基づいて法の適用を受けられるようにしなければいけないという考えに基づきます。

Copyright© 法律 留保 All Rights Reserved.